製品検索 Topics&Information リクルート 会社概要 お問い合わせ リンク サイトマップ 更新情報 ホーム
ナビゲージョン(上)
ナビゲーション(左)
擁壁
カルバート
環境ブロック
各種側溝
各種水路
その他の製品
即脱製品
製品情報ダウンロード
表示中のページ カルバート > ボックスカルバート
ページトップ
ボックスカルバート
特徴
● 現場作業を大幅に省力化することができ、 施工の迅速化が図られる。
● 工場製品であるため、品質の向上が図られる。
● 現場打ちボックスカルバートに比べ軽量であり、地盤の良くない場合に有利である。

設計条件
注(1) ボックスカルバートの外圧強さによる区分は、1種製品と2種製品があります。 1種、2種とも形状寸法、形容応力度法による設計における適用土かぶりの範囲等は同じですが、 2種については、主としてコンクリート用膨張混和材を使用し、ひび割れ強度が大きくなっています。
(2) 上記土かぶり範囲外で使用する場合は別途設計による。


寸法表
寸法表
寸法表
寸法表
(注)有効長は、1500mmまたは1000mmとすることができる。


縦方向連結型
縦方向連結型は、下図の示すように製品ブロックを設置した後に、縦方向をPC鋼材にて連結する敷設方式である。
次の場合は、ボックスカルバートの縦方向の連結を行うのが望ましい。
 (1)地下水位が高く止水を考える場合。
 (2)道路を横断して設置する場合。
 (3)地盤が良くない場合。
 (4)基礎地盤の支持力が変化されると予測される場合。
 (5)独立基礎で支持され、ボックスカルバートを桁として考える場合。
 なお、曲線部や、屈折部の場合は、ボルトによる連結方法によるものとする。


PC鋼材による連結
PC鋼材による連結
定着部の詳細部図
(a)中央部分に定着切欠穴を設ける場合
(b)端部に定着切欠穴を設ける場合
定着部の詳細部図
(a)中央部分に定着切欠穴を設ける場合
(b)端部に定着切欠穴を設ける場合
曲線部のボルトによる連結
曲線部の連結部
定着部の詳細図


直接基礎
通常地盤の場合は栗石を敷均した上に基礎コンクリートを打設した基礎形式とする。
なお、基礎の形状及び厚さは、下図及び下表を目安とする。

基礎の厚さ
ページトップ↑