製品一覧へ戻る コンクリート混和材
スーパーハイブリッド

製品特徴

  • スーパーハイブリッドをセメントの一部と置換することで、塩害対策をはじめとした乾燥収縮・アルカリ骨材反応などに対するコンクリート耐久性を向上することができます。
  • ポゾラン反応の促進により、コンクリートの緻密化が促進されるため、塩化物や水のような劣化因子の浸透抵抗性が向上し、耐塩害性の向上、アルカリ骨材反応の抑制、収縮ひび割れの抑制が図れます。これにより、コンクリート構造物の長寿命化が図れ、ライフサイクルコストの低減が期待できます。
  • セメントの一部と置換して使用することで、CO2排出量の低減が期待されます。
  • 石炭脈石(ズリ)、フライアッシュ、高炉スラグ微粉末等を主要材料とし、産業副産物の有効活用を行っています。
  • NETIS登録番号 QS-160030-A[外部リンク]
  • 一般財団法人 沿岸技術研究センター  認定番号:18007[外部リンク]

製品データのダウンロードには、
会員登録が必要になります。