アデムウォール

製品特徴

●二重壁構造
アデムウオールパネル(壁面材)とアデムにより自立させた盛土の間に、変形吸収層を設けた二重壁構造が特長です。壁面材に土圧がほとんど作用しないため、施工後に壁面材の変形が生じにくい構造になっています。
●AWジオグリッド
面状の補強材アデムを使用しているため、帯状や棒状の補強材を使用した他の補強土壁に比べると、士質の適用範囲が広いことも特長の一つです。
●脱金属
アデムウオールを構成する主要な構造部品はコンクリートと高分子材料(アラミド、ポリエステル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン)を主材料としています。これらは耐腐食性・耐久性に非常に優れています。
●壁面勾配
アデムウオールエ法は、壁面勾配(垂直から3 分まで設定可能)を有することで、パネルの重量が盛土側へ作用します。このもたれ的な効果により、壁背面の盛土材が拘束され、より一体化された構造となります。その結果、安定性に優れた補強士壁となります。
●壁面材
地震や台風など自然災害により壁面が変形した場合は、二重壁構造の特長を活かし壁面材だけ取り替えることが可能です。

製品データのダウンロードには、
会員登録が必要になります。